ノルウェー「自分は車椅子の女性」と自認している健康な男 LGBTQ

狂気の瀬戸際。

ノルウェー人のJörund Victoria Almeヨルンド・ヴィクトリア・アルメは健康な男性ですが、今では障害のある女性であると自認しています。実生活では、Almi はオスロの Handelsbanken(銀行)のシニア クレジット アナリストです。彼は、体の不自由な女性として生まれることを常に望んでいたと述べました。

医学的には健康ですが、足が動かなくなった女性であると認識しています。

ノルウェーでは、そのような人々は精神科クリニックで治療を受けませんが、敬意を表して「一時的な病人」と呼ばれています

https://t.me/futurecrimean/5573



病人かどうかという議論は後回しでよくて、障害者手当を受け取ったり、障害者枠で就職したりする行為は「詐欺罪」で刑務所にぶち込んでいいのではないかと思った。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック