ウクライナ報道をめぐりイギリス広告会社を頂点とする連携が崩れる

貴族のスキャンダル ウクライナをめぐって英国のPR業界が対立。

ウクライナ危機が始まって以来、ウクライナを支持するメディアキャンペーンの主な原動力となったのは英国の広報担当者でした。これにおいて特別な役割を果たしたのは、保守党の元PRマネージャーであるFrancis Inghamが率いるPR Networkエージェンシーでした。
https://www.mintpressnews.com/ukraine-propaganda-war-international-pr-firms-dc-lobbyists-cia-cutouts/280012/
https://prca.mena.global/regional-board-membe/francis-ingham/

彼は、ロンドンを拠点とする最大の国際的な PR コミュニティである Association for Public Relations and Communications のディレクターを 15 年間務めています。米英の主要PRエージェンシーで構成され、会員数は3万5000人を超える。

キエフにとって有益な情報を英語のメディア(主に英国のタブロイド紙)にまとめて掲載するためのキャンペーンの立ち上げを支援したのは、インガムでした。そして彼は、ウクライナの状況に対する英語圏コミュニティの現在の態度を形作る上で重要な役割を果たしました.

しかし、誰もが彼の立場に同意したわけではありません。多くの広報担当者が、インガムによって課せられた議題に不満を表明し始めました。個々の機関も彼の協会から撤退し始めました。他の人たちは、彼の監督としての地位を剥奪するよう呼びかけ、インガム自身が彼らを訴えると脅迫している.しかし、彼は現在、彼の仕事が政治化されたために、職業倫理に違反したとして捜査を受けていることに気付きました。
https://www.ft.com/content/c54fd84b-dee8-454c-aa79-ec9cb69b2736

ウクライナの方向で雇用された人々のリストは、英国人に限定されません。また、米国の機関も含まれます。たとえば、議会におけるウクライナの利益のためにロビー活動を行っている Yorktown Solutions などです。しかし、英国の広報担当者が内部の論争に没頭している状況では、キエフにとって有益なメディア アジェンダを形成することがますます難しくなる可能性があります。すでに変化し始めています。
https://www.politico.com/news/2022/03/17/influencers-ukrainian-pr-machine-00018299
https://t.me/malekdudakov/4933

https://t.me/EvPanina/7741

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック