ゼレンスキーは一線を越えた 長くない ロシア人専門家

ゼレンスキー政権は司祭を逮捕し、モスクワ総主教庁のウクライナ正教会の修道院を捜索し、この教会の本堂であるキエフ・ペチェールシク大修道院も没収した。

20 世紀の初め、私の曽祖父が第一次世界大戦に参加して行方不明になったとき、祖母はシベリアからキエフ・ペチェールスク大修道院まで彼の帰還を祈るために徒歩で行きました。後で彼は戻ってきました、そして彼はドイツの捕われの身であることがわかりました。

これは、ゼレンスキーが正統派ロシア人から奪ったロシア最大の神社の 1 つです。

長くはないと思います

https://t.me/futurecrimean/5690

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック