イスラエルがダルフール弾圧に加担 iPhoneハッキング・ツールをスーダン政府系民兵に譲渡 ユダヤ

報告: 元陸軍士官のスパイ会社が電話ハッキングツールをスーダン民兵に送った
調査報告書によると、タル・ディリアンと彼のインテレクサ社に関連するプライベート ジェットが、悪名高い迅速支援部隊に強力な監視機器を提供していた
2022 年 12 月 1 日、午前 10 時 36 分
-------------------
イスラエルの元上級軍事諜報官が所有する諜報会社が、悪名高いスーダンの民兵組織にハイエンドの電話監視機器を譲渡したことが調査報告書で明らかになった。

ライトハウス・リポートによる水曜日の報道と、ハーレッツ日刊紙およびギリシャのインサイド・ストーリーは、インテレクサ社にリンクされたプライベートジェットを追跡することにより、5月に転送が行われたことを発見しました。

3つの独立した情報源を引用して、調査は、セスナのプライベートジェットがハルツームに着陸し、電話ハッキング機器をRapid Support Forcesの民兵に届けたことを発見しました.

ジャーナリストは、乗客がソーシャル メディアにアップロードした自撮り写真から飛行機を特定しました。これは、元将校のタル ディリアンが所有する情報会社、インテレクサのエンジニアでした。

西ダルフール地域での戦争犯罪で悪名高いこの民兵組織は、モハメド・ハムダン・ダガロが率いており、昨年イスラエルで 2 日間過ごして両国関係の温暖化について話し合ったと言われている。

東ナイル州、スーダン。 (AP/フセイン・マッラ)

イスラエルの元上級軍事諜報官が所有する諜報会社が、悪名高いスーダンの民兵組織にハイエンドの電話監視機器を譲渡したことが調査報告書で明らかになった。

ライトハウス・リポートによる水曜日の報道と、ハーレッツ日刊紙およびギリシャのインサイド・ストーリーは、インテレクサ社にリンクされたプライベートジェットを追跡することにより、5月に転送が行われたことを発見しました。

3つの独立した情報源を引用して、調査は、セスナのプライベートジェットがハルツームに着陸し、電話ハッキング機器をRapid Support Forcesの民兵に届けたことを発見しました.

ジャーナリストは、乗客がソーシャル メディアにアップロードした自撮り写真から飛行機を特定しました。これは、元将校のタル ディリアンが所有する情報会社、インテレクサのエンジニアでした。

西ダルフール地域での戦争犯罪で悪名高いこの民兵組織は、モハメド・ハムダン・ダガロが率いており、昨年イスラエルで 2 日間過ごして両国関係の温暖化について話し合ったと言われている。

イスラエルとスーダンは、米国主導のアブラハム合意の一環として、2020 年に関係を正常化することに合意しました。しかし、関係の発展は、アラブ首長国連邦、バーレーン、モロッコとの関係よりもゆっくりと進んでおり、イスラエルは協定の下で関係を正常化しました。

飛行記録の調査により、自家用飛行機がディリアンと彼のネットワークの重要な人物であるメロム・ハーパズを含む彼の同僚に関連付けられました。 Dilian も Harpaz も報告に応じなかった。

-------------------
彼はあなたの WhatsApp をハッキングし、15 分以内にあなたの居場所を突き止め、あなたの iPhone を監視することができます。しかし、タル・ディリアンは、彼は善人の一人だと言います
https://t.co/wzq3ZSeABl

— フォーブス (@Forbes) 2019 年 8 月 5 日
-------------------

キプロスに住む Dilian は 2019 年に Intellexa を設立しました。Intellexa は監視技術企業の影の同盟であり、虐待の疑いでさまざまな国の当局と衝突した企業を含みます。

Intellexa は自社の Web サイトで、「EU を拠点とし、規制を受けており、ヨーロッパ中に 6 つのサイトと R&D ラボがある」と説明していますが、住所は記載されていません。

そのウェブページは、その提供物について漠然としています。ただし、2021 年 10 月には、「秘密の大量収集」に加えて、Wi-Fi やワイヤレス ネットワークを介して「対象のデバイスやネットワークにアクセスする」システムを提供すると述べています。

Intellexa によると、同社のツールは法執行機関や諜報機関によって、テロリストや金融詐欺などの犯罪に対して使用されているという。

イスラエルのスパイウェア業界の上級情報筋は Lighthouse Reports に対し、Intellexa はスパイウェア企業 NSO とは大きく異なると語った。NSO はスパイウェア ソフトウェアを政府に提供したとして非難され、最終的にジャーナリストや活動家に背を向けたが、Intellexa はイスラエルの規制にさえ拘束されていなかったと述べた。

「NSO はイスラエルの法律に従って活動し、時にはイスラエル国を代表することさえありました。販売は抑圧的な政権に行われたため、この会社とイスラエルの政策の両方が倫理的に疑わしいものでしたが、それは規制されていました。一方、Intellexa はイスラエルの法律に従わず、イスラエル自身の国益を危険にさらすような顧客を含め、同様の、しかしより悪い顧客にも販売しています。イスラエルの法律を遵守せず、規制当局の対象とならない企業は、事実上、海賊組織です」と情報筋は述べています。

アナリストは、この技術がスーダンでどのように使用されるかについて懸念があると述べました。

Lighthouse Reports によると、このソフトウェアは「スーダンの非常に勇敢な抗議者に対する残忍な抑圧と殺害を悪化させ、地域の民主主義への希望を押しつぶす」ために使用される可能性があると、ライトハウス レポートによると、クリンゲンダール研究所のシニア リサーチ フェローであるアネット ホフマン氏は述べています。

「このような高度なスパイウェアが RSF の手に渡ると、力の均衡が冷酷な元民兵とロシアの同盟国に有利に傾くことになり、スーダンは自国の軍隊との公然たる対立に一歩近づき、内戦のリスクが高まります。」 彼女は付け加えた。

スーダンは 2019 年に長年の独裁者オマル・アル・バシールを打倒し、民主主義への困難な移行に乗り出しました。 ダルフールの紛争は、20 年にわたる戦争を終結させるための新政府の下での和平努力にもかかわらず、続いています。

--------------------
Report: Ex-army officer’s spy firm sent phone hacking tools to Sudanese militia
Investigative report finds private jet linked to Tal Dilian and his Intellexa company delivered powerful surveillance equipment to notorious Rapid Support Forces
1 December 2022, 10:36 am
https://www.timesofisrael.com/report-ex-army-officers-spy-firm-sent-phone-hacking-tools-to-sudanese-militia/



ユダヤは自分だけ楽しければいい民族集団。異民族の人権などこれっぽっちも考えていない。言い訳がましく「イスラエルの法律に従わず・・・」とか書いているが、百も承知でやっている。いつものことだ。

分裂のある所ならどこでも介入していくユダヤらしい行動。相手がスーダンだから、販売でなく譲渡(笑)。ほんとにもうねの世界。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック