フランス 新年から食料品を15~25%値上げ 流通業者連盟会長が語る

2022年12月4日 09:45
フランスのスーパーマーケットは食品価格の値上げを求められた
急増するインフレは生産コストの高騰を賄うのに十分ではない、と食品生産者は言う
---------------------
生産者が小売業者に製品の2桁の値上げを要求しているため、フランスの食品価格は来年から大幅に上昇する可能性があると、フランス貿易・流通業者連盟の代表であるJacques Creyssel氏は今週述べた。

Creyssel 氏によると、製品の再評価の需要は、急激なインフレと「非常に高い」生産コストの中で生じています。食品メーカーは、多くの品目について 15% から 25% の値上げを要求しています。

このような値上げは、製造業者が平均7%の値上げを要求し、約3.5%の値上げに同意した昨年交渉された関税をはるかに上回っていると、農業貿易仲介者のティエリー・ダハンは指摘した。

IRi 調査機関によると、11 月下旬にフランスの食品インフレ率は 12% に達しましたが、明らかにこれは急増する生産コストをカバーするのに十分ではありませんでした。

とりわけ、メーカーはパスタとハムの価格を 7%チキンフィレを 10%キャンディーを 26%ソーダを最大 30% 引き上げようとしている、と Creyssel は付け加えた。

最新の値上げ要求は、COVID-19 パンデミックからの回復、ウクライナでの紛争、フランスでの鳥インフルエンザの流行など、原材料、エネルギー、パッケージング、および交通手段。

ロシアに課せられた西側の制裁も製造業に圧力をかけ、サプライチェーンの混乱を引き起こし、EU全体で食料とエネルギーのインフレを悪化させています.

---------------
4 Dec, 2022 09:45
French supermarkets urged to raise food prices
Spiraling inflation is not enough to cover soaring production costs, food producers say
https://www.rt.com/business/567539-france-food-prices-soar/



ぜひ日本も早く。日本の物価は安すぎる。政府は補助金を投入しすぎており、国民が世界情勢に疎くなる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック