テニス上部団体「選手は国籍ではなく、純粋に評価によって選ばれる。特定国の出場禁止は主催者による違反」

2023年2月27日 23:26
英国のテニスは、ロシアの禁止により「存続の脅威」に直面している – LTA
インサイダーは、ATP と WTA の報復がウィンブルドン前のトーナメントを破滅させるかもしれないと警告した
----------------------
ローン テニス協会 (LTA) は、ロシアとベラルーシからの選手の英国による禁止が続けば、ATPWTA が主要なイベントを一時停止することに真剣に取り組んでいると考えている、と英国のメディアは月曜日に報じた。

LTA とウィンブルドンを運営するオール イングランド クラブは昨年、ウクライナでの紛争を理由に禁止を課しました。 WTA と ATP は、グランドスラム トーナメントからランキング ポイントを剥奪し、英国のテニスに対して罰金を課すことで対応しました。

LTAは現在、エッジバストンやクイーンズクラブなどのウィンブルドン前のグラストーナメントを主催する権利を失うことに直面していると、協会のインサイダーはガーディアンに語った. 情報筋によると、LTA は収入のほぼ 30% を失うことになるため、「グラスコート イベントが上演されない場合、存亡の危機に直面する」とのことです。

2019 年、LTA は 2 つのイベントから 1,460 万ポンドのチケット販売と 600 万ポンド以上の商業収益を上げ、約 180,000 人の観客を魅了しました。 収入が 2000 万ポンドに達するということは、LTA がエマ・ラドゥカヌのような英国のテニス選手に資金を提供できなくなることを意味すると、インサイダーは述べた。

昨年の禁止はロシアのプレーヤーによって非難されましたが、ウクライナのアスリートによって拍手喝采されました.ウクライナのアスリートは、ロシアまたはベラルーシの誰でも、国際的に競争することを許可される前に、まず自国の政府を非難するよう要求しました.

ロシア・テニス連盟(RTF)のシャミル・タルピシチョフ会長は先月、英国が今夏のトーナメントに先立って禁止を解除すると予測した。

"間違いありません。 ITFの立場は、世界のさまざまな国で開催されるすべてのトーナメントに関して、選手は国籍ではなく、純粋に評価によって選ばれるということです」と彼はRIAノボスティに語った. 「それ以外は主催者による違反となります。」

エッジバストンでの WTA トーナメントとクイーンズ クラブでの ATP トーナメントはどちらも、7 月のウィンブルドン トーナメントの前奏曲として 6 月中旬に予定されています。 ガーディアンによると、英国のテニス協会は現在政府と交渉しており、「4月上旬までに」決定が下される見込みだという。

---------------------
27 Feb, 2023 23:26
UK tennis faces ‘existential threat’ over Russian ban – LTA
Insiders warned that ATP and WTA reprisals might doom pre-Wimbledon tournaments
https://www.rt.com/news/572161-uk-tennis-existential-threat/



議論のポイントを正確に突く人が登場。誰か反論できる?(笑)

他の競技も同じですよ。

この記事へのコメント