GoFundMeがパレスチナ向け募金を妨害 ウクライナ向け募金はOKなのに ガザ ハマース

大量虐殺に加担:活動家らはガザの募金活動に対するGoFundMeの対応を非難
Complicit in genocide: Activists slam GoFundMe's handling of Gaza fundraisers
2024 年 3 月 25 日月曜日、午後 3 時 44 分
https://www.presstv.ir/Detail/2024/03/25/722498/Activists-slam-GoFundMe-s-handling-of-Gaza-fundraisers

親パレスチナのソーシャルメディアユーザーらは、人気の募金プラットフォーム「GoFundMe」をボイコットするために結集し、ガザへの募金活動家に対する差別的行為や「虐殺脱出」キャンペーンへの資金差し止めでパレスチナ人の命を危険にさらしていると非難している。

イスラエル政権が飢餓を「戦争の武器」として利用しているガザ地区で人道危機が激化する中、パレスチナ人を支援しようとする個人や団体は、GoFundMeを利用する際に大きな障害に直面している。

パレスチナ人募金活動者に対するこのプラットフォームの長くて煩わしい手続きは人種差別や心理戦に相当すると多くの人が言っている。

他の募金活動者には通常必要とされない広範な調査が保留されているため、ガザ地区のパレスチナ人家族向けの資金の放出をGoFundMeが拒否したという話をソーシャルメディアユーザーが共有することで、この論争は注目を集めている。

このため、同社はウクライナを含む他の危機への支援を自慢しながら、ガザでの重要な援助活動を妨害しているという非難につながった。

GoFundMeが3月4日の声明でパレスチナ受益者のためのキャンペーンへの対応方法を概説した後、批判は頂点に達した。

この声明は同情的ではなく、シオニストの立場を反映していると多くの人から批判され、ガザの人々の悲惨な状況を認識していなかった。 その代わりに、同社の厳格なコンプライアンス対策を倍増させた。

キャンペーン主催者はハッシュタグ#ReleaseTheFundsを立ち上げ、ガザのパレスチナ人支援を目的とした資金を直ちに放出するようGoFundMeに呼び掛けてこれに応えた。

さらに、彼らは支持者にプラットフォームをボイコットするよう促し、新たな募金活動者にGoFundMeを推奨しないよう勧告したり、既存のキャンペーン主催者に返金を求めたり、キャンペーンを代替募金プラットフォームに移すよう奨励したりしている。

ソーシャルメディアでの擁護を超えて、主催者らは、GoFundMeに保留資金を解放するよう圧力をかけるため、一斉メール送信やTwitter嵐などのデジタル活動を計画している。

この記事へのコメント