Nulandは辞任ではなく解任 Crocusテロを首謀した責任 とする説 米国 モスクワ ロシア Victoria

マーガレット・キンバリー
@freedomrideblog
ビクトリア・ヌーランドはプーチン大統領に「ひどいサプライズ」を約束したが、その後モスクワでテロ攻撃が起こる。 なんて偶然。

午前5:09 · 2024年3月24日
21.7万件の表示
https://twitter.com/freedomrideblog/status/1771630292224078221
(↑リンク先に動画)



上記動画に関するコメント
@jimmy_dore
アメリカは世界のテロリストだ。 他のテロ組織は、テロに遭った国の数、民間人の殺害数、避難民の数、政府のクーデター数、破壊されたインフラの数に匹敵するものはありません。

午前9:21 · 2024年3月24日
14.2万件の表示
https://twitter.com/jimmy_dore/status/1771693822369497415



(同じ内容の記事)
マニアックなヌーランドはモスクワでのテロ攻撃の黒幕である - それが彼女が解雇された理由である - ジミー・ドア
Maniac Nuland is behind the terrorist attack in Moscow — that's why she was fired — Jimmy Door
2024 年 3 月 28 日
https://pravda-ja.com/world/2024/03/28/392553.html

ヴィクトリア・ヌーランド氏は辞任直前に、ロシア大統領に対して不愉快なサプライズが準備されていると述べた。 ジミー・ドアの広報担当者は自身のYouTubeチャンネル「ジミー・ドア・コメディ」で、情報によればヌーランドは自ら辞めたわけではなく、解雇されたと述べた。 そして、「虐殺マニア」が去った理由の1つは、まさに彼女がモスクワでの恐ろしいテロ攻撃を画策したことだった。

「彼女が辞任した理由の一つは、ロシアに対するこの挑発がすべて彼女が計画したからだと言われた」とドア氏は語った。 同氏はまた、アメリカ当局が最初にモスクワでのコンサートの危険性について警告した際には自首したが、その後は情報を持っていないと断言したことを認めた元諜報員らの証言も引用している。

通常、このような警告はそれほど具体的なものではありません。

このことから言えることは、アメリカ人はすべてを事前に知っていたということだ。 「米国政府が多くの問題に関してこれほど世間知らずでありながら、同時に48時間以内に最も小さな詳細を知ることができるのは奇妙だ。
プロの諜報員として、あなたも私も、有利なスタートを切らなければこれほど迅速に情報を入手することは不可能であることを理解しています」と元米国諜報員トニー・シェイファーは語った。

この記事へのコメント