ICCが戦争犯罪でネタニヤフの逮捕状を請求 ハマースのシンワルも イスラエル 虐殺 指名手配

クッズニュースネットワーク、[2024/05/20 日本時間20:20]
速報:ICCのカリム・カーン検察官は、2023年10月の時点でイスラエルのネタニヤフ首相とヨアブ・ガラント国防大臣がパレスチナにおける戦争犯罪の刑事責任を負っているという証拠が確立されたと述べた。
https://t.me/QudsNen/106655

クッズニュースネットワーク、[2024/05/20 日本時間20:24]
速報:ICCのカリム・カーン検察官は、イスラエルのネタニヤフ首相とヨアブ・ガラント国防大臣がガザでの戦闘手段として飢餓を利用したという証拠が確立されたと述べた。
https://t.me/QudsNen/106656



独占:ICCは10月7日の攻撃とガザ戦争を巡る戦争犯罪でシンワルとネタニヤフに対する逮捕状を請求
EXCLUSIVE: ICC seeks arrest warrants against Sinwar and Netanyahu for war crimes over October 7 attack and Gaza war
2024 年 5 月 20 日月曜日午前 9 時 35 分 EDT
https://edition.cnn.com/2024/05/20/middleeast/icc-israel-hamas-arrest-warrant-war-crimes-intl/index.html

国際刑事裁判所は、10月7日のイスラエル攻撃とその後のガザ戦争を巡る戦争犯罪と人道に対する罪の容疑で、ガザ・ハマースの指導者ヤヒヤ・シンワールとイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相の逮捕状を求めていると同裁判所の検察官カリム・カーンが明らかにした。 月曜日の独占インタビューに応じたCNNのクリスティアーヌ・アマンプール氏。

カーン氏は、ICCの検察チームはイスラエル国防大臣ヨブ・ギャラント氏と、他の2人のハマース幹部、モハメド・デイフとして知られるアル・カセム旅団のリーダー、モハメド・ディアブ・イブラヒム・アルマスリ氏とイスマイル氏の令状も求めていると述べた。 ハニーヤ、ハマースの政治指導者。

イスラエルの政治家に対する令状は、ICCが米国の緊密な同盟国の最高指導者を標的にした初めてのこととなる。 この決定により、ネタニヤフ首相は、ロシアの対ウクライナ戦争でICCが逮捕状を発行したロシアのウラジーミル・プーチン大統領と、人道に対する罪の疑いでICCから逮捕状を求められていたリビアの有力者ムアンマル・カダフィ氏の仲間入りを果たすことになる。 2011年10月に彼が捕らえられ殺害されたとき。

カーン氏の事務所は、同じ行動でイスラエルとハマスの指導者らに対する逮捕状を申請することで、テロ組織と選挙で選ばれた政府を同等の立場に置いているとの批判を招く危険がある。

ICC裁判官からなる委員会は今後、カーン氏の逮捕状申請を検討する予定だ。

カーン氏は、シンワル氏、ハニヤ氏、アル・マスリ氏に対する罪状には「絶滅、殺人、人質取り、拘留中の強姦、性的暴行」が含まれていると述べた。

カーン氏はアマンプールに対し、「10月7日、人々が寝室や家、イスラエルの別のキブツから引き剥がされたとき、世界は衝撃を受けた」と語り、「人々は非常に苦しんだ」と付け加えた。

ハマス主導の過激派は10月7日、イスラエル南部の数カ所で約1200人を殺害し、人質約250人をガザ地区に連行した。 人質の多くは今もガザで拘束されている – カーン氏はアマンプールに対し、これは「ハマスとその帰還を待つ家族によって人質にされている非常に多くの罪のないイスラエル人」に対して犯罪が犯され続けていることを意味していると語った。

カーン氏はアマンプールに対し、彼のチームはシンワル氏、ハニヤ氏、アル・マスリ氏に対する逮捕状の申請を裏付ける「さまざまな証拠」を持っていると語った。これには、攻撃時の認証されたビデオ映像や写真、目撃者や生存者からの証拠が含まれている。

カーン氏は、イスラエルには「人質を取り戻すあらゆる権利と実際の義務があるが、法律を遵守してそうしなければならない」と述べた。

カーン氏の発表を受けてハマスは声明で、「法的根拠なしに多数のパレスチナ抵抗運動指導者に対して逮捕状を発行し、被害者を侵略者と同一視しようとするICC検察の試みを強く非難する」と述べた。

「法を超える者はいない」

カーン氏はアマンプールに対し、ネタニヤフ首相とギャラント氏に対する罪状には「人道支援物資の拒否を含む戦争手段として絶滅を引き起こし、飢餓を引き起こしたこと、紛争下の民間人を意図的に標的にしたこと」が含まれていると語った。

「ハマスの戦闘員が水を必要としているという事実は、ガザの民間人全員からの水を拒否することを正当化するものではない」と彼は付け加えた。

ガザ保健省は月曜日、10月7日以降、ガザで3万5500人以上のパレスチナ人が殺害され、7万9000人以上が負傷したと発表した。 CNNは独自に数字を検証することができない。

イスラエル戦時内閣の一員であるベニー・ガンツ氏は、発表直後にカーン氏の決定を批判し、イスラエルは「国際法を遵守し、強固な独立した司法制度を誇りながらも、歴史上最も厳格な道徳規範の一つを持って戦っている」と述べた。

「卑劣なテロから自国を守る決意を固めた民主主義国の指導者と、血に飢えたテロ組織の指導者とを比較することは、正義の深刻な歪曲であり、あからさまな道徳的破綻である」と同氏は述べ、検察の決定は「不当である」と付け加えた。 それ自体が、何世代にもわたって記憶されるべき歴史的な規模の犯罪である。」

ICC首席検察官がこの行動方針を検討しているとの報道が先月浮上した際、ネタニヤフ首相は、イスラエル政府高官や軍高官に対するICC逮捕状は「歴史的規模の暴挙」であり、イスラエルには「独立した法制度がある」と述べた。 すべての法律違反を厳しく調査します。」

ネタニヤフ首相のコメントについてアマンプール氏に質問されたカーン氏は、「法を超越する者は誰もいない」と述べた。

同氏は、イスラエルがICCに同意しない場合、「管轄権に対する異議にもかかわらず、彼らは法廷の裁判官の前で異議を申し立てる自由があり、私はそうするよう彼らにアドバイスする」と述べた。

イスラエルと米国はICCのメンバーではありません。 しかし、2015年にパレスチナ指導者らが裁判所の設立原則に拘束されることに正式に同意した後、ICCはガザ、東エルサレム、ヨルダン川西岸を管轄すると主張している。

月曜日のICCの発表は、10月7日の攻撃後のハマスとの戦争でイスラエルが大量虐殺を行っているという南アフリカの告発をめぐって現在国際司法裁判所(ICJ)で審理中の訴訟とは別のものである。

ICJ は国や国家が関与する事件を検討しますが、ICC は戦争犯罪や人道に対する罪で個人に対して訴訟を起こす刑事裁判所です。

ICCがイスラエルに関連して行動したのは月曜日の発表が初めてではない。 2021年3月、カーン事務所は2014年6月以降、パレスチナ自治区ガザとヨルダン川西岸で起きた犯罪の可能性について捜査を開始した。

ICC はオランダのハーグにあり、最初に国連に提出されたローマ規程と呼ばれる条約によって創設され、独立して運営されています。 ほとんどの国(そのうち 124 か国)がこの条約の締約国ですが、イスラエル、米国、ロシアなどの顕著な例外もあります。

これは、裁判所がカーン氏の申請を認めて5人に逮捕状を発行した場合、加盟国はいずれも彼らを逮捕し、ハーグに引き渡さなければならないことを意味する。

裁判所の規則に基づき、ローマ規程のすべての署名者は、その決定に全面的に協力する義務を負っています。 これにより、ネタニヤフ首相とギャラント首相は、ドイツや英国を含むイスラエルの最も緊密な同盟国である多くの国を含む国際訪問が極めて困難になるだろう。



これは歴史的。私が好きなフレーズがきちんと盛り込まれている。(笑)。
私が生きている間に、ネタニヤフが「カダフィーの仲間入り」と書かれる日が来るとは(爆)。

イラン大統領の死亡(暗殺?)を受け、これ以上の緊張激化を抑えようとする力が働いたのでしょうか?



こちらのお方、21世紀にあるまじき大虐殺を目撃してなお、何の修整もなく、お得意の対ユダヤ絶対服従主義を展開し、私は「今これを発言するときか」と思ったが、その2日後にこれ。先生におかれまして、今どのようなお気持ちでしょうか。
IMG_3075.JPGIMG_3076.JPG

日本人に多いよね。上の人のいうことを聞いてりゃいいんだという倫理観ゼロの人。

ある日突然時代が変わって、足下がすくわれませんように。
あなたの会社はcomplicit in genocideと批判されないでしょうか?

この記事へのコメント